RhymoeⓇPhonics(ライモーフォニックス)って何

最近、RhymoeⓇPhonics(ライモーフォニックス)という言葉が気になっているなら、かなり英語へのアンテナの感度が高いですね。

Phonicsについては、最近ブログで書いています。

Phonicsについてはこちら

 

その中でも、これまで私たちが、目にしてきた、耳にしてきた、あるいは実践しているフォニックスと何が違うのか、そもそもRhymoeⓇPhonics(ライモーフォニックス)とは何かについて、今回は書いていきます。

RhymoeⓇPhonics(ライモーフォニックス)とは何か

このライモーフォニックスで特に、注目する部分が、「リズム×動き×英語を文字につなげるライモーフォニックス」

英語の文字と音だけでなく、英語のリズム、その英語のリズムを感じる体の動きも加わったことが大きなポイントです。

RhymoeⓇPhonics(ライモーフォニックス)の5つの理念

RhymoeⓇPhonics(ライモーフォニックス)は次の5つの理念からなっています。

英語のリズムを感じる体づくり

英語のリズムを感じられなかったら、どうなるか。
→体は盆踊りモードで、洋楽に合わせて踊るような感じ。難しいですよね。足つりそうですね。

→英語のブチブチ読み。英語の文を読もうとしても、いつも英語が棒読みのようになってしまう。
イントネーションや、アクセントの位置に悩む生徒はそこが体感不足。

英語の音を聞き発音する力

→自分が知らない音は、理解することができないし、耳に入ってこないし、真似もできない。

→リスニング苦手さんが多いのは、英語の音がわからないし、自分自身でも その音がだせていないから。
→そもそもどうやったらその音が出せるのかがわからない。

ライモーフォニックスは、1文字、1文字、文字の音も学んでいきます。

英語の読み書きの基礎力

→今まで聞いてきた英語、話してきた英語、実際に文字で表すとどうなるの?

Phonicsは英語の読み書きの学習なので、
英語のそれぞれの文字の音、読み方や書き方のルールを学んでいきます。

そしてここでの土台が、次の英語学習のステップにつながります。

しかし実際、ほぼ日本語だけの環境で育ってきた人には、今まで聞いてきた英語の量、話してきた英語の量が圧倒的に不足しているのも確かです。

母語干渉を理解した指導

→これまで日本語の環境で育ってきた。
子守歌も、語りかけも、お友達と遊ぶ時も日常の言葉は日本語で育ってきた、そんな日本語が母語の人の「宿命」それは、母語干渉。

ちなみに母語とは、
生活環境の中で身につけた第1言語のことです。

 

きっと英語の問題を解いていても、会話していても、頭の中は日本語で考えていませんか。

→母語干渉により、日本語の音にひっぱられる。
どうしても日本語の感覚で英語を使おうとする部分に対しては、母語干渉を避けた発音、発声法、指導法のスキルを持った講師が学習時のサポートをします。

 

講師も日本人である利点は、日本人が陥りやすい母語干渉を熟知し、どうすればそうならないかを的確にアドバイスできることです。

保護者との連携

→ライモーフォニックスでは、お母さんの、お子さんへの関わりがとっても需要。

お子さんは、自分の中に持っていなかった、日本語と全然違う感覚の「英語」をレッスンで学んでいきます。

不安を抱えることもあるかも、すぐに慣れないかもしれない。

しかもレッスンで習っただけでは、英語力は伸びませんよね。

でも、お母さんの中には、こんな悩みや気持ちを抱えている方もいらっしゃると思います。

○「私、リズム感ないから、宿題出されてもできないと思う。」

○「私、英語苦手なんです、私はできないけど、子どもには得意になってほしいの。」

○「発音なんて、うまく言える自信がありません。」

もし、こんな言葉が脳裏をよぎったり、お子さんの前でこれらの言葉を言っていたらこれから英語を学ぶお子さん、どうなるでしょう。

きっと、「ムリだ~、踊れない、英語苦手なんだもん、できないよ。」っていってしまうかもしれませんよね。

する前からできないというよりも、まずはやってみようという気持ち、親子でチャレンジしてみることが大切です。

お母さんが苦手なのは、知らなかっただけかも。
英語の音について、しっかりと向き合う機会がなかっただけかもしれませんよ。

だからこそ、「これから親子で一緒に英語のリズムに触れらるチャンス到来!」と思って、まずは楽しんじゃいましょう。

お母さんが、楽しんでいると、子どもも自然と好きになるんです。

ではどうやっておうちで取り組んだらいいのか。
レッスン以外のご家庭での取り組みについては、具体的にお伝えします。

○手遊びの動画を見ることができる。
→しっかりと家でも練習できる、再現できる動画があるのは安心ですね。

○リズムと動き、英語の音を熟知したプロ達が選んだオススメの絵本。
→自分で本を探すのはハードルがかなり高めですが、オススメの絵本がそのハードルも とってくれますね。

 

 

母語としての日本語の干渉をふまえ、
講師の発音指導力も重視した 日本人による
日本人のための新しいフォニックスメソッド

 

それが、新しく誕生するRhymoeⓇPhonics(ライモーフォニックス)です。

====
出典:Rhymoe® Phonics(https://rhymoephonics.com/about/)
2021/03/06 19:30
====

対面クラスは4月開講予定。対面クラス詳細はこちら

オンラインクラスは5月開講予定です。詳細はこちら

お楽しみに

お問い合わせはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました